読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

相続と信託に強い専門家への道

商学部出身の法律のド素人が相続と信託の専門家になるまでの学びの記録

これぞコンサルタントのトリプルスリー!読む、書く、話すの三拍子

 

f:id:financial-tax:20170212192834p:plain

3拍子揃ったコンサルタント

飲む、打つ、買うっていう三拍子揃った話がありますが、税理士、ファイナンシャルプランナーやコンサルタントとしてどういう三拍子が大事か考えてみました。

野球でいうと走攻守でしょうか。

タイトルのとおり、「読む、書く、話す」、、ではないかな、なんて思っています。

読むは、本を読んだり、資料を読んだり、法律条文を読む技術。

書くは、プレゼン資料を作ったり、書類を作ったりする技術。

話すは、傾聴から説得まであらゆるコミュニケーションの技術。

なかなか三拍子揃えるのは難しいですが、野球でも一流選手はやはり三拍子揃えています。

目指せトリプルスリー

…というところでしょうか。

順番的には、読めないことには、書けないし、書けないことには話せないということになると思います。

従って、やはり、1に読む、2に書く、3に話すの順にトレーニングをするといいのでしょうね。

 

コンサルタントの勉強法

コンサルタントの勉強法

 

 

【SPONSOR LINK】