読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

相続と信託に強い専門家への道

商学部出身の法律のド素人が相続と信託の専門家になるまでの学びの記録

リタイアメントプランニングの重要性

 
僕が住んでいる街でもハロウィンで賑わっています。
 
子どもさんたちが街にでてくるのは活性化していいですね。
 
さて相続対策のことを考えているとまた違う角度のこたが頭に浮かんできました。
 
相続対策にはまずは財産管理からスタートになります。
 
財産を把握しないと対策どころではないのです。
 
棚卸から始めましょうというのがコンサルタントの最初のセリフです。
 
これって相続対策を考えてから棚卸しすればいいのでしょうか?
 
違いますよね。
 
40代、50代からプランニングしていかないと駄目、、なのです。
 
そうすると相続対策とか相続税の話って結局はリタイアメントプランニングの一つの個別テーマでしかないのです。
 
ファイナンシャルプランナーは包括的なアドバイスが求められますが、まさにそういうこと。
 
税理士は相続税だけやっていればいいわけではなく、ある程度は包括的な支援が必要となります。
 
学ぶべきことはたくさんある、ということですね。

【SPONSOR LINK】