夢みるFPライフ:雨上がりの空

相続や承継で悩む人をなくしたい!相続税と承継対策に10年以上取り組むFP兼税理士の勉強ノート

独立を目標にしない!

税理士法人に所属している税理士ということでやはりよく聞かれるのが「独立しないの?」という話です。

今のところ考えていない…というように適当に答えています。

独立する、しないというのを人生や仕事の目的にしていないだけで、正直どうでもいいと思っています。

やりたいことができない状況や、独立したほうが仕事のパフォーマンスがあがるのなら独立するのでしょうが、独立しても営業や雑用とかで時間を取られるのであれば、今のままでいいと思っています。

もちろん、社員税理士でパートナーですから経営や人事面、業務品質等で意見交換もしますし、良い悪いはある程度はっきりいいます。

だからと言って自分の意見に固執するのではなく、納得がいけば妥協していきます。

言いたいことも言えない環境や性格であれば、開業するもよし、転職するもよしだと思います。

研修に参加する時間やお金も自由に使わせてもらっていたりするので、独立するメリットをあまり感じていないというところです。

今の環境や組織を最大限に活かして、本当にやりたい仕事をやれればいいのです。

ただ、独立できないわけではなく、興味がないだけで、独立してもそこそこ稼げる自信はありますけどね。

結局は誰と組むか、どこに所属するかということで、これは独立しても迫られる選択ではないでしょうか?

士業だから最終目標は独立だろうというのは昔の話です。

法人格も与えられることにもなったし、1人事務所と士業法人では所属する税理士の価値観が異なると思います。

誰しもが、一国一城を夢見てこの世界に入ってきているわけではないのです。

専門家として成長したいとか、社会に貢献したいとか、そういった価値観で入ってきた人もいるし、大企業で歯車になるのも嫌だし、かといって個人事業主も不安という人もいるでしょう。

最終的には、そこでどんな仕事ができるか、どんな士業人生を描きたいのかだと思います。

その中で個人事業主か、組織か、独立か、法人かを選べばいい…そんな風に思います。

【SPONSOR LINK】