夢みるFPライフ:雨上がりの空

相続や承継で悩む人をなくしたい!相続税と承継対策に10年以上取り組むFP兼税理士の勉強ノート

租税法と論理学

最近とても気になっているのが論理学です。

そういえば昔、大学の一般教養過程で勉強したようなしないような…

正直いうと今まではまったく興味のない、どうでもいいような話だったわけです。

それが何故にがぜん興味がでてきたのかというと、法律を学ぶうえでは大事だと本で読んだからです。

ということで日本橋丸善で司法試験コーナーをみてみると、ありましたよ論理学の本が。

もちろん論理学というタイトルではなく論理的な…という感じですが、論証だったり三段論法だったり法律の文章や解釈、当てはめは論理学の知識が必須ということのようです。

租税法を学ぶ身としてはこれは勉強しなくては!となるわけで、実際に岩波新書の入門論理学という本を買ってみたわけです。

む、む、む 入門のくせにまったくわからない。というか意味不明(  ゚ ▽ ゚ ;)

ドゥモルガン…どこのケーキ屋さんで売ってるの?

参りました、と思って放り投げようと思ったけど、頑張って読み切りました。

そして、司法試験の棚から二冊、法科大学院の入試対策向けのものを買ってきました。こちらのほうが一般向けかもしれません。

とりあえず今日のところは論理学に完敗というところです。

【SPONSOR LINK】