資格と読書で夢をかなえる学ぶlog

就職活動から脱線し、取得で生きていこうと思い立って、取得した資格は約20個。合格証書の代わりに失ったものは?資格取得後の現実を教えます

軸を見失わないこと

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

1月になるとユーキャンのCMが増えるような気がします。

年の始まり、年度の始まりは新しい資格に挑戦しようという人が多いということでしょうか?

そんなことを思いながら今日は本屋に行って、なにか今年は資格の勉強でも…と思ってぶらぶらしていました。

何か資格でも…と思っても、実際には仕事に関係がありそうで難易度が適当なものはほぼ受けてしまっています。

といって難しい国家試験に挑もうなんて気も起きません。

という毎年恒例の儀式のようになっていますが、結局今更新しいことに手をだすべきではないという結論になりました。

よくT字型のキャリアが望ましいといわれます。

士業においてもこれは当てはまります。

一つの資格だけでは広がりもないし、応用力も身に付きません。

本業の資格を伸ばしつつ、いろいろな方面にアンテナをはることが仕事の幅を広げることになります。

ただ、縦軸を深堀するのと横軸を広げるは全く別の話で、何本も縦軸をいれる必要はこれからの時代にはないように思います。

あくまでも専門家は専門分野で勝負すればいいので、鋭く骨太な軸を1本作ることが大事だと思います。

百貨店型よりも専門店が求められる時代だからこそ、軸をしっかり見極めて時間を投資する必要があるのでしょう。

さて、今年は何やろう…と思ったらやっぱり原点回帰だ!という結論になりました。

我々の原点は、経理・財務と相続・事業承継の2本立てです。

いろいろなところにアンテナを張りつつも、この2本の軸をしっかり育てていくことを忘れないようにしようと思います。

【SPONSOR LINK】