夢みるFPライフ:雨上がりの空

相続や承継で悩む人をなくしたい!相続税と承継対策に10年以上取り組むFP兼税理士の勉強ノート

相続税対策の本当の難しさ

相続税と資産税の専門家 夢をかなえる税理士&CFP です。

当ブログに訪問していただき、ありがとうございます。

税理士のランキングに参加中です。

応援クリックだけを励みに更新しています!

 ↓↓

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

相続税の対策の相談を受けることがあります。

相続税の試算をしたり、様々な対策を考えます。

でもこれは机上での検討です。

これをお客様に報告します。

内容的には自信を持って報告します。

数字的にこの対策で相当の相続税の削減が可能です。

でも、対策にはいろいろな問題が付きまといます。

一番の問題は、実行可能性の問題です。

一つは、リスクの問題。

効果は高いけど、リスクが高ければ実行可能性は下がります。

FPの試験でも学ぶ資産運用の基本は、流動性、収益性、安全性です。

これが相続税対策でも当てはまります。

流動性も重要な視点となります。

相続財産は減るけど、流動性が下がるような対策は実行可能性が下がります。

でも、本当に難しいのは人の気持ちや想いのようなものだと思います。

例えば、養子縁組。

いわゆる「長男の嫁」を養子に…なんていう提案はまず拒否反応が起きます。

孫ならいいけど、長男の嫁はNGなのです。

ご夫妻が亡くなるといずれにしても下の世代に財産は移転するし、次の世代の対策を考えると分散すべきだと思う…と説明してもだめなのです。

自分の目が黒いうちはなんて言われてしまいます。

家族の問題は、数字には表れないものです。

そういった家族の気持ちが相続対策の本当の難しさなのです。

夢をかなえる税理士&CFPの学ぶlog-相続と相続税なら

税理士さん教えて!相続と相続税の基礎講座

http://www.officenms.co.jp/souzoku/

【SPONSOR LINK】