相続税と相続対策に強い税理士事務所のつくり方

相続や承継で悩む人をなくしたい!横浜で相続税と相続対策に10年以上取り組むFP/税理士の勉強ノート

行政書士会の実務研修会に参加

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

行政書士会の新入会員研修会に参加してきました。

横浜山下公園の前の産業貿易センターにて3日間行われました。

週1ペースで行われ、昨日は最終日でした。

カリキュラム的には次のようになっています。

1日目:

 1.行政書士制度・倫理

 2.建設業許可

 3.風俗営業許可

2日目:

 1.帰化許可

 2.産業廃棄物許可

 3.交通事故

3日目:

 1.非営利法人の設立と運用

 2.一般貨物自動車運送許可

 3.国際業務

合計9コマ、最終日はこの後で懇親会だったのですが仕事の関係で不参加でした。

さて、これらの業務について実際に実務をやっている先輩行政書士さんたちが説明をしてくれるというものでした。

自分では経験したことのない分野の仕事ばかりだったので非常に興味をもって聴講することができました。

でも、実際に仕事として取り組む可能性があるものはほとんどありません。

可能性としてあるのは、建設業関係、産業廃棄物、非営利法人の設立…といったところ。

これ以外の風営関係や、帰化や入管関係はほぼ可能性なしです。

会計事務所や税理士の仕事との相乗効果を狙える分野ということになると会社の設立や相続、不動産関係に近いところかな…という感じ。

もともと行政書士の仕事は範囲が広くて全分野をやる必要性がないことはもちろん、できれば範囲を狭めたほうが効果的といえます。

だから、基本的には相乗効果が狙える分野以外は切っていいと思いました。

きちんと現業と関係のある部分を見極めて取り組んでいく必要があるかな…という感じです。

でも、実務でやる予定のない部分についても学ぶべきところはあるし、特に国籍や帰化、入管の部分は知識としてはある程度は必要かなと思います。

特に最終日の非営利法人の設立について講師をされた吉田茂先生の事務所経営に関する話などはとても参考になったように感じました。

勉強する時間がない中で少しでも仕事につながる、お客様へのサービス向上につながる部分をがんばって研究してみたいと思います。

【SPONSOR LINK】