金融資格(FP・PB)を学ぶlog

ファイナンシャルプランナー・プライベートバンカー(FP・PB)など金融系資格でスキルアップを目指すブログ

相続はどの専門家に頼む?

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

相続に関する専門家は多くいます。

行政書士、税理士、弁護士、司法書士、FPとかも関わってくるかもしれません。

いろいろな専門家が自分こそ相続の専門家でございますって宣伝するものだからそれではどこに頼めばいいのよってことになりかねません。

まず、ちょっとお金がかかってもワンストップで行って欲しいのであれば信託銀行の遺産整理サービスに依頼するのがいいと思います。

分割や名義変更、税理士の紹介まで知識豊富な銀行員の方が対応してくれます。

コストもあまりかけたくないけど、最初の段階で誰かに相談したいという場合には、遺産整理業務等を手掛けている行政書士さんなどに相談してみるのもいいかもしれません。

次に、税金がかかりそうな方は、迷わず税理士に依頼しましょう。

ただし、分割でもめそうなケースでは税理士は紛争解決ができませんので、そこは期待しないほうがいいと思います。財産目録の作成や、基本的な説明はできますが、本当に争ってしまうとお手上げです。

紛争になってどうしようもない時は弁護士さんの出番ですが、双方で弁護士さんを入れるかどうかは話し合ってからのほうがいいかもしれません。

先手必勝ではないので、相手の心象を悪くする必要はないと思います。

お互いに話し合って結論がでないし、引き延ばしても仕方ないという意志のもとで依頼しましょう。

税金もでず、紛争にもならないようなケースでは預金だけなら金融機関に手続きの問い合わせをしてみましょう。意外に専門家に頼まなくても済むかもしれません。

遺産分割協議書の作成のみ必要なら行政書士に頼むこともできます。

相続税の申告も不動産登記もないケースでもきちんと書類として残しておいたほうがいいときは遺産分割協議書という形で残すのもいいでしょう。

そして、不動産登記が関係するなら司法書士さんに依頼することになります。

税金がでそうなケース、申告が必要なケースでは税理士が司法書士さんを紹介してもらえると思います。

会社の登記などもあるので税理士事務所ではだいたい依頼する司法書士さんが決まっているものです。

必要があれば紹介してもらいましょう。

【SPONSOR LINK】