資格と読書で夢をかなえる学ぶlog

就職活動から脱線し、取得で生きていこうと思い立って、取得した資格は約20個。合格証書の代わりに失ったものは?資格取得後の現実を教えます

夏こそ家族で親の老後と相続について考えましょう

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

夏休みやお盆の帰省など家族や親族で集まることが多い季節です。

年に数回、親族で集まるこの機会こそ、遺言や将来のことについて考えるチャンスです。

・将来の介護はどうするのか…

・両親のうち残された方の面倒を誰がみるのか…

・お墓はどうするのか…

・財産はどう分けるのか…

亡くなったあとでこういったことを考えたり、決めたりするのは感情論になってしまい、難しいものがあります。

だから、元気な時、家族の仲が正常なときにこそ聞きにくいことや、話しにくいことは話しておいたほうがいいと思います。

誰しもトラブルは避けたいものです。損もしたくないけど、争うのも嫌なものです。

だから、親に決めてもらったほうが逆にすっきるするかも。

兄弟で将来のことを決めたとしても、仲のよいときの口約束です。

少しはお酒がはいってるかもしれないし、あとで反故になるかもしれません。

立場や、環境が違うときに決めたことですから、「あの時こういったじゃないか…」っていうのは無にしましょう。

方向性だけでも考えおく、両親の意見も聞いておく、それだけでもいいと思います。

法的に遺産の方向性を決めるのであれば、ご両親に遺言をお勧めしましょう。

今年の夏は家族で集まって、ちょっと真面目な話をしてみませんか?

【SPONSOR LINK】