資格と読書で夢をかなえる学ぶlog

就職活動から脱線し、取得で生きていこうと思い立って、取得した資格は約20個。合格証書の代わりに失ったものは?資格取得後の現実を教えます

おもしろきこともなき世をおもしろく

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

こどもの頃、山口県萩市というところに住んでおりました。

古い城下町だったようです。

明倫小学校という学校に通っておりました。

長州藩の藩校だったところに建てられたそうです。

大人になって1冊の本に出会いました。

司馬遼太郎 「世に棲む日々」

長州藩には松下村塾という私塾があったそうです。

後に戊辰戦争明治維新で活躍する様々な偉人がでました。

その私塾の主が吉田松陰です。

通っていた小学校の朝礼では「松陰先生おはようございます」と唱和していたような記憶があります。

この世に棲む日々という本、主人公は吉田松陰高杉晋作の師弟です。

高杉晋作明治維新という舞台の中の主役の一人です。

そんな高杉晋作の辞世の句と言われているのがこの言葉。

「おもしろきこともなき世をおもしろく」

ネガティブな自分がこの言葉を知ってポジティブになれたような気がしました。

一度きりの人生なのだし、おもしろく生きるも、つまらない人生をおくるのも自分次第。

好きに生きればいいのだと思います。

黙っていたっておもしろい人生が向こうから手を振ってやってくるわけではありません。

ならば自分で人生をおもしろく演出いけばいい。

一度、手放したこの本をまた揃えました。

久しぶりに読んでみたらまた違う何かが見つかるかも…

世に棲む日日 (1) (文春文庫)/文藝春秋

¥480
Amazon.co.jp

【SPONSOR LINK】