資格と読書で夢をかなえる学ぶlog

就職活動から脱線し、取得で生きていこうと思い立って、取得した資格は約20個。合格証書の代わりに失ったものは?資格取得後の現実を教えます

成長を目指す中小企業、中堅企業向けの支援メニュー(4)

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

グループ法人税制への対応と連結納税の導入支援(eConsoliTaxの導入)

平成22年度の税制改正でグループ法人税制の導入と連結納税制度の見直しが決まりました。

複数の子会社を持ちグループ経営を行っている場合や、一人のオーナーが複数の会社の株主である場合にはグループ法人税制への対応が必要となります。

例えば、グループ法人税制が適用される企業グループでは、新たに次のような作業が実務的には必要となります。

・完全支配関係にある法人の間で譲渡損益調整資産に該当する資産の取引があるかどうかを親法人の経理部門でグループ全体について確認できる体制を構築する。

・子会社からみて、どの法人が完全支配関係にあるかを親会社が把握できるようにグループ法人の一覧表の作成を行う。

また、連結納税制度についても従来は引き継げなかった子会社の繰越欠損金についても部分的に連結納税制度に引き継ぐことも可能になるなどの新たなメリットも生まれています。

しがって、グループ法人税制と連結納税制度の適用範囲を考慮し、グループ法人税制のデメリットと連結納税制度のメリットを比較しながらそれぞれの適用を検討する必要があります。

当社では、TKCの連結納税システム(eConsoliTax)の導入支援の実績があります。グループ法人税制と、連結納税制度、さらには税効果会計、これらを総合的に管理していくためには親会社主導でのシステム構築が不可欠となります。そして、親会社による子会社の適切な管理が制度運用の成否を分けることとなります。連結納税制度の導入だけでなく、子会社へのバックアップとしても会計事務所の支援が必要だと考えます。(eConsoliTax TKCサイト

【SPONSOR LINK】