金融資格(FP・PB)を学ぶlog

ファイナンシャルプランナー・プライベートバンカー(FP・PB)など金融系資格でスキルアップを目指すブログ

成長を目指す中小企業、中堅企業向けの支援メニュー(2)

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

税効果会計の適用支援(eTaxEffectの導入)

税効果会計とは、企業会計上の資産または負債の額と課税所得計算上の資産又は負債との額に相違がある場合において、法人税その他利益に関連する金額を課税標準とする税金の額を適切に期間配分することにより、法人税等を控除する前の当期純利益法人税等を合理的に対応させることにより、法人税等を控除する前の当期純利益法人税等を合理的に対応させることを目的とする手続きをいいます。(税効果会計基準より)

税効果会計は、会計上の損益と法人税の計算上の課税所得との期間対応のズレを解消するために、一時差異と呼ばれる差額に関する税負担を当期の損益に対応させることとなります。

税効果会計は、大企業に特有のものと考えられていますが、中小企業の会計指針でもその適用が奨励されているとともに、大企業の連結子会社については親会社から適用を求められることが多いようです。

従来は大企業においても一時差異や繰延税金資産表計算ソフトを利用して管理することが多かったようです。

当社でご支援させていただいているeTaxEffectでは、システムによりグループ全体の税効果会計の管理が可能となります。

当社では、TKC税効果会計システム(eTaxEffect)の導入支援の実績があり、成長を目指す企業グループや、大企業の子会社の税効果会計の適用を支援しています。(eTaxEffect TKCサイト

【SPONSOR LINK】