資格と読書で夢をかなえる学ぶlog

就職活動から脱線し、取得で生きていこうと思い立って、取得した資格は約20個。合格証書の代わりに失ったものは?資格取得後の現実を教えます

節税の延長線上に脱税がある?

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

ビジネスリーズンなき節税は脱税であるという考え方があります。

節税のための節税は脱税といえます。

というとなんだか禅問答のような感じになってしまいますが、正しい節税はきちんとビジネス上のストーリーを組み立てて行わなければいけないということです。

不動産管理法人は何のために作るのか…?

節税のため…??これはアウトでしょ($・・)/~~~

あくまでも、不動産の管理を資産家本人ではなく、同族法人に外注することで不動産経営を安定化させ、質の高い賃貸経営を行う…

これならストーリーとしては、なんだかいけそうな気がします。

つまり、最初から節税のためにやりました…ではだめだということ。

きちんとビジネスとしての効果が期待できるからやってみたけど、結果として節税できてしまった(^O^)/という筋書きを用意する必要があるのです。

これが節税のための節税は、脱税ということです。

法の裏をかいたような節税策は結局封じられますし、正々堂々と節税ができるような方法が大事なのですね。

ペタしてね

【SPONSOR LINK】