金融資格(FP・PB)を学ぶlog

ファイナンシャルプランナー・プライベートバンカー(FP・PB)など金融系資格でスキルアップを目指すブログ

神奈川県内中小企業の資金調達 年度内に必要が半数

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

神奈川新聞の記事によると、県の緊急調査のより神奈川県内の中小企業のうち約半数が2009年度末までに、新たな事業資金の調達を必要としていることが分かったそうです。

県は、調査結果を踏まえて中小企業の年内の資金調達に対応できるように年独自の「緊急経済対策融資」の金利を、従来の金利から0.2%引き下げることを決めています。

県の調査は県内中小企業619社が回答を行い、事業資金の調達が年内に必要とするのが34.2%、年度内に必要が11.8%となり合計で46、約半数が来年の3月までに必要と回答しました。

一方で企業の規模別に取引金融機関の貸し出し姿勢の厳しさについては、規模が小さい会社ほど資金調達に苦労を感じているようです。

また、県の制度融資に関する要望については、金利の軽減や保証料の軽減などの声が大きく、そのほかに融資までのスピードや提出書類の簡素化などの要望もあるようです。

この、神奈川県の実施した緊急調査についての報告書が神奈川県のホームページに掲載されています。

http://www.pref.kanagawa.jp/press/0909/094/index.html

【SPONSOR LINK】