資格と読書で夢をかなえる学ぶlog

就職活動から脱線し、取得で生きていこうと思い立って、取得した資格は約20個。合格証書の代わりに失ったものは?資格取得後の現実を教えます

キャッシュフロー表の作成で用いる計算

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

キャッシュフロー表は、将来の予測による計算を行うこととなり、その正確性や客観性が非常に重要になります。

そのために各種の係数計算を行うこととなります。

 

実際のキャッシュフロー表の作成にあたってはこれらの係数を活用してシミュレーションをたてていきます。

「何年後にいくら必要でどのくらいの率で運用できるなら、毎月(毎年)いくら積み立てていけばいいのか…」

などのケースで役に立ちます。

 

資格試験だけでなく実務的にも役に立つので、しっかりと使い方をマスターしておきましょう。

◆終価係数=現在の額から将来の額を求めるときに用いる…○年後の予想額=現在の金額×(1+変動率~経過年数乗)

◆現価係数=将来の額から現在の額を求めるときに用いる…現在価値=将来の時点での金額÷(1+変動率~経過年数乗)

◆貯蓄残高=前年貯蓄残高×(1+運用率)+-当年の収支

◆上記のほか

・減債基金係数…将来の目標額から毎年必要な積立金を求めるとき

・資金回収係数…現在の額から将来受け取れる年金額を求めるとき

・年金終価係数…毎年の積立額から将来受け取れる額を求めるとき

・年金現価係数…将来の年金額から現在必要な額を求めるとき

・資本回収係数…現在の金額を取り崩して年金額を求めるとき(年間の返済額計画など)

≪可処分所得の計算≫

キャッシュフロー表は資金収支を把握するために利用するため、作成する上では収入金額は手取り額ベースとなる。

・税制や社会保険などは改正の可能性もありますが、現在の制度で作成することになります。社会保険料はだいたい税込給与の13%くらいといわれています。

・手取額=可処分所得

 →「税込収入金額-(税額+社会保険料)」で計算する。

【SPONSOR LINK】