資格と読書で夢をかなえる学ぶlog

就職活動から脱線し、取得で生きていこうと思い立って、取得した資格は約20個。合格証書の代わりに失ったものは?資格取得後の現実を教えます

税務調査が嫌なら繰戻還付はしない!

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

会計は期間を区切って計算をします。

税金の計算も会計期間ごとに計算を行います。

でも、本来この会計期間は継続していく企業の活動を人為的に区切ったものであり、あくまでも計算上の期間です。

継続していく企業なら浮き沈みがあるのは当然で、今期だめでも来期の業績はいいということは十分あり得ます。

それでも税務上の計算期間を会計期間で区切ってしまうのは合理的ではありません。

そこで欠損金の繰越控除の制度があります。

欠損金は7年間繰り越して将来の黒字と相殺することができます。

でも、前年までの黒字との相殺はできませんでした。

それが今回の税制改正で前年の黒字に限って相殺して、納めすぎた税金を返してもらうことができるようになります。

でも、この制度はもともとある制度が適用凍結されていただけで、この凍結が解除されることになるのです。

しかし、法人税法では還付の請求に際しては調査をしなければならないことになっていますから要注意です。

叩けば埃がでそうな会社はおとなしく繰越控除を選んで、翌期以降で役員報酬を減額してでも黒字を出して相殺させたほうがいいかもしれませんねにひひ

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

 この記事になるほどと思ったらクリックをお願いします。

【SPONSOR LINK】