資格と読書で夢をかなえる学ぶlog

就職活動から脱線し、取得で生きていこうと思い立って、取得した資格は約20個。合格証書の代わりに失ったものは?資格取得後の現実を教えます

こんな人には遺言が必要

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

遺言は絶対にすべての家庭で必要というわけではありません。

もちろん、どの家庭でもそれなりに有効でしょう。

しかし、特に有効になるケースは次のようなケースです。

【 こういうケースでは遺言が有効です! 】

1.遺言はあるにこしたことがない。

2.法定相続人以外の人にも財産を遺したいケース

3.内縁関係の妻にも財産を遺したいケース

4.非嫡出子にも財産を残したいケース

5.特定の相続人に遺産を集中し、財産の分散を防ぎたいケース

6.相続人がなく、国に持っていかれるよりはどこかの団体に寄付したいケース

7.会社の経営権を特定の相続人に相続させ、株式の分散を防ぎたいケース

8.介護や看護など特別に貢献してくれた人に多くの財産を与えたいケース

9.親子仲が悪いなど特定の相続人に財産をなるべく与えたくないケース

10.未成年者や障害者、年老いた妻など残された家族の面倒を見てほしいケース

【SPONSOR LINK】