金融資格(FP・PB)を学ぶlog

ファイナンシャルプランナー・プライベートバンカー(FP・PB)など金融系資格でスキルアップを目指すブログ

朝からトイレ掃除をする(ガネーシャの教えより)

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

ガネーシャの教え」に則って、今日はとりあえずトイレ掃除をしました。

ガネーシャの教えによると、

「人がやりたがらんことをやるからこそ、それが一番よろこばれるんや。一番人に頼みたいことやから、そこに価値が生まれるんや」

実際ビジネス書には、掃除の効力をうたったものは多いです。

たとえば、イエローハットの創業者、鍵山秀三郎さん。

トイレ掃除には、次のような効果があるそうです。

①謙虚な人になれる

どんなに才能があっても、傲慢な人は人を幸せにすることはできない。人間の第一条件は、まず謙虚であること。謙虚になるための確実で一番の近道が、トイレ掃除です。

②気づく人になれる

世の中で成果をあげる人とそうでない人の差は、無駄があるか、ないか。無駄をなくすためには、気づく人になることが大切。気づく人になることによって、無駄がなくなる。その「気づき」をもっとも引き出してくれるのがトイレ掃除です。

③感動の心を育む

感動こそ人生。できれば人を感動させるような生き方をしたい。そのためには自分自身が感動しやすい人間になることが第一。人が人に感動するのは、その人が手と足と体を使い、さらに身を低くして一所懸命取り組んでいる姿に感動する。特に、人のいやがるトイレ掃除は最良の実践です。

④感謝の心が芽生える

人は幸せだから感謝するのではない。感謝するから幸せになれる。その点、トイレ掃除をしていると小さなことにも感謝できる感受性豊かな人間になれます。

⑤心を磨く

心を取り出して磨くわけにいかないので、目の前に見えるものを磨く。特に、人のいやがるトイレをきれいにすると、心も美しくなる。人は、いつも見ているものに心も似てきます。

掃除道 会社が変わる・学校が変わる・社会が変わる/鍵山 秀三郎

¥1,365
Amazon.co.jp

【SPONSOR LINK】