金融資格(FP・PB)を学ぶlog

ファイナンシャルプランナー・プライベートバンカー(FP・PB)など金融系資格でスキルアップを目指すブログ

景気悪化と法人税の減収

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

時事通信等によると、財務省が5日発表した4-6月期の法人企業統計では、金融機関を除いた全産業の経常利益が前年同期比5.2%減と4期連続で減少し、景気が後退局面にあることを裏付ける結果になりました。

企業収益の悪化は法人税収減を通じて国の財政に悪影響をもたらします。

景気がこのまま低迷すれば、2008年度の当初予算段階で53.6兆円と見込んだ国の税収が想定を大幅に下回るのは必至の情勢。

財務省が発表した7月の税収実績によると、法人税は1040億円の赤字(前年同月は1204億円の黒字)となったそうです。

景気低迷で企業業績が悪化し、3月期決算法人への還付額が法人税収を上回ったためで、法人税の赤字転落は2003年7月以来5年ぶり。

景気は、確実に悪化しています。

還付額が法人税収を上回るということは、予定納税などで事前に納めていたのに決算では前年に比べて大きく減益になったため差額を返金するということです。

予定納税額は前年の年間税額の半分を納めます。

つまり前期実績に半分以下の所得になった場合に還付額が生じるわけです。

したがって、業績が1年で急に悪化すると生じるケースだと思います。

【SPONSOR LINK】