金融資格(FP・PB)を学ぶlog

ファイナンシャルプランナー・プライベートバンカー(FP・PB)など金融系資格でスキルアップを目指すブログ

新人実務家のための簿記入門(23)

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

≪帳簿と簿記一巡の手続き≫

全ての取引は仕訳帳に記録され、そこから総勘定元帳の各勘定口座に転記されます。

つまり、仕訳帳と総勘定元帳には取引があれば必ず作成される主要な帳簿になります。

その意味でこれらの二つは主要簿といわれます。

一方でこれまで学んできたように各取引や勘定口座を補助するために各種の出納帳や記入帳があります。

これらのうち、仕訳帳の補助的役割を果たすものを補助記入帳、特定口座の補助的役割を果たす帳簿を補助元帳といい、これらの総称が補助簿となります。

・補助記入帳の主なものは、

 現金出納帳、小口現金出納帳、当座預金出納帳、仕入帳、売上帳、受取手形記入帳、支払手形記入帳 など

・補助元帳の主なものは、

 

 得意先元帳、仕入先元帳、商品有高帳、固定資産台帳 など

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

↑↑ランキングに参加しています。ご協力いただける方はクリックを!!

【SPONSOR LINK】