資格と読書で夢をかなえる学ぶlog

就職活動から脱線し、取得で生きていこうと思い立って、取得した資格は約20個。合格証書の代わりに失ったものは?資格取得後の現実を教えます

新人実務家のための相続・資産税講座(1)

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

新人実務家のための相続・資産税講座(1)

≪相続に関する法律(民法)≫

 新人実務家のための相続・資産税講座、

 第一回は民法上での相続の扱いについてです。

 相続が日本の法律のどこに記載されているかというと、

 「民法」になります。

 民法は、

 「市民生活における市民相互の関係を規律する法」といわれており、

 財産法と家族法とに区分されます。

 第1から第1044条で構成されますが、

 その構成は第一編の総則、第二編の物権、第三編の債権を財産法といい、

 第四編の親族と第五編の相続を家族法といいます。

 相続は、この民法第五編(882条~1044条)に記載されています。

 この相続法と親族法がまとめて家族法といわれるように、

 相続に関する業務を行ううえでは、

 親族法に関する知識も必要になります。

 また、このほかに戸籍法などの知識も必要となることがあります。

 

 普段生活していると、

 家族の定義って何だろう??

 なんてこと、考えることもないので、

 民法家族法を読んでみるのは、結構楽しいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

ランキングに参加しています。ご協力いただける方はクリックをお願いします。

【SPONSOR LINK】