資格と読書で夢をかなえる学ぶlog

就職活動から脱線し、取得で生きていこうと思い立って、取得した資格は約20個。合格証書の代わりに失ったものは?資格取得後の現実を教えます

資産税の事例・研究

相続税と相続対策に取り組む税理士が実際に経験した事例を紹介します(実際の事例と多少加工しています)

相続・事業承継のコンサルに必要な知識

夏のこの時期になると、税理士受験生時代を思い出したりします。 昔はもっと頑張っていたな…とか、おっさんになったな…とか、考えるところはありますが、まあ過去の自分を振り返らずにただ前を向くだけなので新しいことに取り組まないといけません。 この時…

相続業務を所長だけでやるか、事務所全体で取り組むのか

事務所運営にあたって考えないといけないのが、「相続税や相続対策などの資産税に事務所全体で取り組むのか、所長先生だけでやるのか、プロジェクトチーム的に専担者を決めて取り組むのか」という話です。 資産税だけではなく、新しいことに取り組む場合に絶…

相続対策でお年寄りにささる言葉の使い方

高齢者というのはなかなか手ごわい交渉相手です。 納得したのかな、、と思うと、そうでもない。 そうかと思うと、何年かたつと不意に動き出したりもする。 気まぐれだし、頑固だし、暖簾に腕押しだし…交渉相手としては結構な強者といえます。 何を言うかより…

分割協議よりも遺言、さらに遺言の限界を知ることで次の提案につなげる

最近勉強会にも参加して研究をすすめている家族信託ですが、今なら競争相手も少ないため、手数料的にもそれなりに見込めるという話もありました。 手数料を稼ぎたいわけではないですが、選択肢の一つとして家族信託は加えておきたいと思っています。 では、…

事務所主宰で相続セミナーを開催しました

事務所主催で相続対策セミナーを開催しました。 総括として振り返り 今日の内容は相続対策ということで、普段行っている相続税の業務より少し範囲を広げて、生前贈与、生命保険を使った対策、不動産の対策、遺産分割、遺言、認知症と財産管理というようなテ…

家族信託で認知症対策の基本の基本

今度やる無料セミナーの原稿をもとにブログの文章を作っています。 家族信託の部分はだいたいこんな感じになります。 家族信託って何だろう 簡単な図で説明します 家族信託を利用するメリットデメリット メリット デメリット 家族信託って何だろう 認知症対…

家族が認知症になったら成年後見制度を利用するかどうか考えてみた

もうすぐ行う無料セミナーの原稿をもとにブログにしています。 認知症対策として成年後見制度を利用するか、家族信託を利用するかという選択肢があります。 これらはどちらがいいかということではなく、使い分けや組み合わせで課題を解決するためのツールに…

財産凍結!認知症になったら財産の管理をどうする?

今日は今度やる無料セミナーの内容にそって、原稿をブログにしています。 認知症と相続対策が今回のお題です。 www.officenms.co.jp 高齢化の進展で認知症のリスクが高まっています この認知症のリスク、本人が認知症になるリスクと自分の死後に配偶者が認知…

相続や相続対策を信託銀行に相談に行くメリットとデメリット

信託銀行の方が数人、事務所に来た。 信託銀行に相談にいくメリットとは? 信託銀行に相談に行くデメリットとは? 信託銀行の方が数人、事務所に来た。 営業ルートとして税理士事務所を開拓しているという話でした。 確かに相続ビジネスは単独の事務所や企業…

勘定よりも感情を大事に‼

尊敬する資産税コンサルタントの大先輩の言葉に「勘定よりも感情」というのがあります。 遺産分割の難しさを表現した非常に含蓄のある言葉です。 今日この言葉が浮かんだのは、ホームページの更新作業をしていたときです。 相続や生前準備の相談をしたいと思…

【土地評価】道路じゃないのに路線価がついている土地はどうするの?

最近、当社で行う土地の評価で道路の付き方がおかしいものがよく登場します。一つの筆の真ん中に道路が通っているケース、マンションの敷地の一部が道路になっているケース、細い路地でセットバックしているのか、道路に提供しているのかよくわからないケー…

資産管理法人の株主、役員には誰がなるの?

不動産管理法人シリーズですが今日も一ネタ書いておきます。 この株主の構成や役員の構成によって将来的な税金の掛かり方が変わってきます。 まずは管理法人の運営方針を決めてから、具体的な株主や役員の構成を考える必要があります。 この運営方式とは、簡…

【SPONSOR LINK】