夢みるFPライフ:雨上がりの空

相続や承継で悩む人をなくしたい!相続税と承継対策に10年以上取り組むFP兼税理士の勉強ノート

仕事術・勉強術

相続ビジネスに取り組む営業マンが知っておきたいネタ本

相続対策でよく使うキーワードは実は限られていて、ある程度定型化されてきます。 ただ、そうは言っても知らない人は知らないし、知っている人は知っているというのが現実だと思います。 相続コンサルの本も数多く並んでいますが、やはりネタ本にでてくるも…

相続税対策の本は、素人でなくとも読んでおいたほうがよい

相続税対策の本、街中にあふれています。 書店にいけば売られているし、電子書籍などでも読むことはできます。 いつものアマゾンアンリミッドで探して最近読んだ本です。 定額制に申し込んでいる人は無料で読めます。 金持ちファミリーの「相続税」対策 ここ…

文章を書くにもコツがいる?人より評価される文章術とは

文章を書くのってなかなか難しいです こうやってブログを書いていても難しいな、、と思いながら書いているし、仕事でメールでやりとりをするのも意外に気をつかうものです。 同じように考えていたり、悩んでいるFPや専門家の方は多いのではないでしょうか…

整理術の本を読むが、結局実践できない、、の巻

自己啓発本にハマった ノートや手帳の整理本、腐るほど読んだけど… またまた手を出してしまった 自己啓発本にハマった 10年くらい前に自己啓発本にはまった時期があった。 宗教にはまる人の感覚はこういう感じなのかな、と思うけど、やはり目からうろこが…

タラレバよりもモシカモ

東京タラレバ娘なるドラマがあり、アラサー女子の生態をタラレバであらわしているのですが、税理士の実務ではタラレバよりもモシカモが大事だなと思うことがあります。 たられば言っても仕方のないですが、もしかして、そうかも…なんて発想は実務では本当に…

【読書録】天職は寝て待て

最近Kindleで読んだ本。 転職や就活など仕事選びというテーマだが、仕事のやり方やスキルアップという視点でも学べる本。 電通出身のコンサルタントのため、電通の仕事のやり方も紹介されている。体育会というか、ヤワな人は精神的に追い詰められるが、でき…

できるスタッフは複数の仕事をマルチタスクで行う

確定申告の時期は税理士事務所にとっては繁忙期である。 税理士事務所のスタッフは、同時に30とか、50とか100くらいの担当先を割り振られることがある。 この数十の担当先をどのように進めるかは、税理士事務所スタッフの能力やセンスが問われるとこ…

できる人ほど読書をする習慣があるらしい

先日、インターネットをみているとこんな記事を拾い読みした。 仕事ができる人ほど読書習慣があるという話だ。 人類の仕事はほどんどがコミュニケーションをベースになりたつ活字文化の世界である。 理系、文系を問わず、仕事にはコミュニケーションが不可欠…

簿記はスポーツ!ゲーム感覚で学ぶべし

簿記との出会い 実は楽しい簿記の勉強 コピーの活用が上達の近道 簿記はスポーツ? 簿記との出会い 初めての簿記の出会いは大学1年のときです。会計学の入門的な授業で2級か3級くらいの内容を半年くらいで学ぶというものだったと思います。簿記という名前く…

やらないことから決める!デキる税理士のタイムマネジメント

捨てる時間 昨日に引き続き、繁忙期対策ですが、睡眠を確保するのがまずは最優先です。疲れたら話になりません。あのホリエモンですら忙しいときでも睡眠はしっかりとっていたとか。 稼ぐが勝ち ゼロから100億、ボクのやり方 作者: 堀江貴文 出版社/メーカー…

自己管理で乗り切る!デキる税理士の繁忙機対策

繁忙期が来ました 税理士の繁忙期といえば確定申告の時期ですが、まさに今日は確定申告の無料相談会の相談員として駆り出されました。 事務所は横浜の港南区なので上大岡が会場です。 9時5時拘束でおじいちゃんおばあちゃん中心に申告書をパソコンで作って…

悩んだり、疲れた時は、たまには地元に帰るべき

地元に帰る 気分転換に三浦海岸にきました。 母校のグランドでテニスボールを見つけました。そういえば昔も書いてたな…伝統なのか? 地元で原点を見直す 大人になって地元から離れて10年、20年するとすでに人生で一番長く住んだ土地は子どもの頃の地元ではな…

もう怒らないで!マンガから学べることもある

子どもの頃は漫画ばかり読んでいました。 ジャンプの発行部数が一番多かった時代です。 ジャンプ全盛期です。 北斗の拳、キン肉マン、シティハンター、ドラゴンボールなどなど、あの頃のジャンプはすごかった 最近、 アマゾンプライムでシティハンターのアニ…

【読書録】 愛と絆の経営

経営理念ってなに 経営には理念が必要といいますが、正直よくわからないという方も多いと思います。 小さな会社や士業、フリーランスにとっては理念というよりも信条や考え方というほうがいいのかもしれません。 ミッション系ですか ミッションというのもあ…

【読書録】 起業する前に読んだほうがいい本

今日は朝から東京に研修受講で出張だったので久しぶりの満員電車でしたが、この時期の満員電車は体調を壊しそうなのでグリーン車に乗ってしまいました。 意外にもグリーン車も座席はいっぱいで立ちではありましたが、通路で読書しながらゆったり移動できまし…

顧客ニーズをよめ!税理士に期待されるお困りごと

お困りごとを解決するのが一番のブランディング それでは会社経営者にとっての3大お困りごととは何か 会社の数字をどうやっていかせばいいの? 経理とか面倒なことを効率的にできないの? もっと節税できないの? あなたの顧問税理士はこんな困りごとの相談…

士業にパーソナルブランディングは必要か

最近Amazonで取り寄せてこんな本を読みました。 一生モノの顧客を獲得する方法 作者: 河本扶美子 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2012/04/13 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 個人事業主や士業を対象にパーソナルブ…

どんな先生を目指す?士業のヒューマンタイプ

士業には、経営者タイプと専門家タイプがいるといわれています。 どちらのタイプを目指すかは人それぞれですが、やはり資格者としては専門家タイプを目指したいものです。 昔、先輩の税理士によく言われたものです。 税理士よりももっと割りのいい仕事がある…

ミッションを忘れずに

本当は映画館で観たかったのですが、信長協奏曲の映画をテレビで録画していたものを観ました。 ドラマ編から好きな作品だったので、最後どうなるのか…と気になっていましたが、まさか、、、。というかやっぱり、、、 とにかくこの作品では、主人公であるサブ…

税理士事務所、会計事務所の高付加価値化

フィンテックなどITの流れによって、会計事務所・税理士法人のビジネスモデルが大きく変わりつつあります。 今まで水面下で起こっていたことが、2017年は一気に進む、そんな年になりそうです。 効率的に運営して、価格で競争するというモデルもあると…

これぞコンサルタントのトリプルスリー!読む、書く、話すの三拍子

3拍子揃ったコンサルタント 飲む、打つ、買うっていう三拍子揃った話がありますが、税理士、ファイナンシャルプランナーやコンサルタントとしてどういう三拍子が大事か考えてみました。野球でいうと走攻守でしょうか。タイトルのとおり、「読む、書く、話す…

マーケティングで考える!業種特化か業務特化か…

税理士や士業の仕事では、業種特化とか業務特化という話があります。 クリニックや医療法人など医業特化とか、美容とか飲食に特化するというのが業種特化です。 業種に特化するので、ある業種について専門的な対応もできますし、ある程度の効率化が可能です…

あえて効率化しない部分

どこまで効率化? 最近の会議で「効率化」がキーワードになりました。 幹部スタッフから「自分の仕事は効率化できています」という発言があり、一瞬あれっと違和感を感じました。 違和感の正体は 確かに効率化が大事だけど、幹部スタッフの仕事って効率化で…

お客様への想いを伝えるストーリー

ブランディングとして、お客様への想いを伝えるストーリーが必要だと思っています。 僕たちがやっている主な事業は、相続や事業承継のお手伝いです。 こういうストーリーで考えています。 お客様が安心できる相続と事業承継のために 家族が亡くなった方にと…

儲かっている税理士と貧乏暇なしの税理士の違いは?

研修受講中に寝るとかさ、、家で休んだら? 儲かっている税理士と貧乏暇なしの税理士、どう違うのでしょうか? 知識や能力よりも、売り方 セグメントわけというのは、 業務の多層化というのは、 まだ、このやり方試していませんが、どうですか、こういう考え…

相続マーケットを細分化する

今までの会計事務所がやっていなかったであろうマーケティングの話ですが、やはり競争が激しくなってきている現状では「経営効率」を意識した事務所運営が必要だと思っています。 僕もマーケティングのノウハウがあるわけでも、勉強したことがあるわけでも…

相続税専門といえないジレンマ

○○専門の税理士とといううたいかたの事務所がよくあります。本当にそれしかやってないのかと、思わずツッコミたくなりますが、僕の場合は相続税専門ではないです。相続税や事業承継のノウハウはそれなりにありますが、専門ではありません。中心的にやってい…

ドロップアウトな人生を楽しく生きる

僕たち、団塊ジュニア世代というのは人数が多いわりに、就職などであまり恵まれなかった世代だと思います。 そんな我々の世代の中でもITベンチャーを起業して、成功者となった人も多くいます。僕のようにドロップアウトして、資格をとって生きる道を選ん…

好きなことより得意なことを仕事にする

先日、林修先生が、番組のなかで「好きなことで、得意な仕事をしている人は幸せ」だけどそんな人はほとんどいないという話をしていました。 確かこんなマトリックス図で紹介していたと思います。 好きだけど苦手な仕事は難しいですよね、音楽は好きだけど音…

相続税の申告報酬、安いには安い理由がある

士業でもマーケティング戦略が必要 どんな企業でも重要になるのがマーケティングです。 マーケティングというと大企業の問題のような気がしますが、実は中小企業でもマーケティングは重要です。 むしろ小さな会社ほどマーケティングの考え方をいれていかない…

心を鍛えるにはどうする

昔、ハードボイルドに憧れたことがあります。 探偵とか、刑事とか悪人を懲らしめるヒーローになりたいなんて思ったりして。 ハードボイルドには有名な価値観がありますよね。 タフでなければ生きていけない、優しくなければいきる資格かない。 ※出所は不明 …

専門家のその先の話

資格で仕事をしていると、ふと、ゴールはどこにあるのか…と考えるときがあります。 もしくは何も求めて頑張っているのか… 仕事を始めたばかりの頃は、仕事を覚えるので一生懸命です。ほかのことを考える余裕なんてありません。 3年、5年、10年が経過して…

Amazon Fire TVはオンデマンド研修にとても便利だった

我が家のテレビは結構古くて、デジタルではありますが、地デジ完全移行前に購入した世界の亀山モデルです。 たぶん10年以上使っていますが、その前は実家にあったアナログテレビを結婚してからも利用していたのでテレビを見る時間は多いわりにテレビにはお…

頭がよくなるテクニックとは

あの人は頭がいいよね…ていうことがあると思います。 でも、よく考えると頭がいいとはどういう状態を指すのでしょうか? 子供のころは学校の成績がいいことを指すのかもしれません。 記憶力がいい、頭の回転が速い、学校の成績がいい。 学校の成績ほどあてに…

税務という浅くて広い世界

インターネット時代の士業の仕事 簡単なことはネットで調べればすぐにわかる時代です。 こんな時代にはとんがった専門性がますます重要になってきます。 税理士っていうとかなり専門性をもっている仕事のような気がします。 でも、結構浅くて、広い分野を取…

会計事務所の新人研修を語ってみる

会計事務所の新人研修って? 4月になり、、いろいろな会社で新入社員が入ってくる時期だと思います。自分はそもそも一般企業に就職してことがないので、想像の世界になってしまいますが、研修センターみたいなところに缶詰めにされて、新入社員研修とかやる…

電子書籍を選ぶ基準

まったく電子書籍に詳しいわけではないですが、最近紙媒体の書籍から電子書籍に読書媒体を移行しています。でも電子書籍といっても実はいろいろな媒体があって、正直どれがいいのかよくわかりません。スマホでアプリをダウンロードすればいいように思います…

うちの顧問先の税理士報酬は安いとか高いとか言う前に!

税理士事務所はどこも同じ仕事をしているわけではない。 一つとして同じものはないし、比較のしようがないと思っています。 そんなことを気にする前にやるべくことがある! 激安顧問料とか、顧問料なしで決算料のみ…とか会計事務所も価格破壊が一時話題にな…

経営で必要なPDCAとは?

会計事務所でよくいうキーワードの一つとして、PDCAサイクルを回しなさいというのがあります。PDCAサイクルって何ぞや??僕にもよくわかりません。どういうことなんでしょう。・P=プラン=計画?・D=ドゥ=行動?・C=チェック=検証?・A=…

会計事務所が自計化を推進する理由

会計事務所というと、どうしても領収証と現金や預金の資料を渡しておけば勝手に処理していると思っている方も多いと思います。これを記帳代行や起票代行の業務といいます。当社では記帳代行や起票代行を行わないという考え方です。いわゆる自計化の推進です…

言うべきことは言うべき

日本人の美徳として、言いたいことがあっても言わない、遠まわしに言うというのがあります。自己主張が強いのも問題ですが、大人しいのもやはり問題です。会計事務所や経理関係の仕事は事務作業というイメージがありますが、交渉ごとも多いし、言うと気を悪…

平日、都心に飲みにでる

平日の飲み会がだんだん厳しくなってきた今日この頃です。やはり家族を大事にする世のお父さんたちは、都心で飲むなら土日より会社帰りの平日のほうが都合がいいようで、昨日は平日に都心まででての飲み会でした。正直、都心にでるのに一時間です。仕事終わ…

いい人になりたいか…?

自分でいうのも何ですが、仕事やプライベートで「いい人」と思われることが多いようです。別に八方美人なわけでもなく、どちらかというとツンデレ系なわけですが、いい人、真面目そう、頭良さげ…などが形容詞としてつけられます実際のところは別にいい人でも…

賃貸不動産経営管理士について調べた件その2

先日アマゾンで注文した賃貸不動産経営管理士のテキストがさっそく届きました。不動産経営管理でお勧めっぽい本と一緒にきましたよ。なんとこのテキスト、1000ページ超のボリュームです。本屋にならんでいる宅建とか社労士の試験対策本よりもボリュームがあ…

税理士法人のブランド戦略を考える

税理士事務所でもブランディングが大事だと思います。これは誰しもそう思うと思います。どのような強みがあるのか、どのような価値観や理念で経営されているのか…ということなのでしょうか?そもそもブランディングって何?あるサイトではこのように定義され…

本当は怖い医療法人の活用

最近、医療法人は本当に節税メリットがあるのかと自問自答することが多いです。当社は医療、介護のお客様も多く、平成ヒト桁の頃に医療法人の設立をお手伝いしたお客様がそろそろ事業承継の時期を迎えています。シンプルな質問ですが、法人成りするメリット…

青ペンで暗記力アップ?

青ペンを使うと記憶力があがるとか、青ペンを使った勉強法が最近いわれています。税理士試験は筆記なので黒か青のボールペンや万年筆を使うことになります。自分はきっかけはあまり覚えていませんが、青を使っていました。100円の安い油性ボールペンの替えの…

資格をとるか、連携するか?

ある意味で資格マニアのようにいろんな資格に手を出してきました。基本的に税理士試験で全敗して以来、試験に落ちたことがないのですが、落ちないというのはある意味では無駄な戦いはしない主義だからです。いわゆる敵前逃亡ですねチャレンジしないから負け…

税理士の能力のピーク年齢は?

最近読んだ雑誌の記事で30代で会計税務の専門家としてのピークは過ぎたというのをみました。確かにある分野の業務としてはそうかも知れません。自分もさすがに体力勝負の仕事を若い頃と同じようにやるのは無理です。集中力も長くはもちません。衰えたな…と思…

書を捨てよう、街にでよう?

寺山修司の本にこんなタイトルのものがあるらしい…実際には読んだことはないのですが。今年は少し人の集まるところにでようと思って動きだしています。別に営業になるからとかではなく、純粋に地域の活動とか、同窓会的なものとか、同業者や資格のつながりな…

【SPONSOR LINK】