読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原点にして有頂天

読書と資格でキャリアアップする人を応援する資格マニア、読書好き税理士の備忘録

弱みを強みに変える

SWOT分析というフレームワークがあります。 強み、弱み、機会、脅威の4つの角度から自社を分析していきます。 それぞれの意味は次の通りです。 S:強み:目標達成に貢献する組織(個人)の特質。 W:弱み:目標達成の障害となる組織(個人)の特質。 …

非嫡出子の相続割合

現在、判例変更の可能性が高いという非嫡出子の相続割合ですが、先日スマップの中居さんの番組でも取り上げられていました。 非嫡出子というのは婚姻外の子供、いわゆる妾の子、愛人の子というものですよね。 日本は戸籍婚主義をとっていますから、婚姻外の…

税理士が考える不動産投資術

最近、不動産投資に関する本を読んでみました。 地主さんで土地活用をされている方は多いですが、経営という心構えで取り組んでいる方はあまり多くないと思います。 不動産投資という考え方は地主さんよりもどちらかというとサラリーマンや公務員などで少な…

転居後の自宅マンション、売るか貸すか?

事情があって転居した後の自宅マンション、売却してすっきりするか、それとも賃貸に出すか… というご質問が以前お客様からありました。 僕は、不動産屋さんではないので、第三者からみてどう思うかという質問です。 実際にはきちんと収支計画等を出してみな…

相続税の基礎控除が下がったら相続時精算課税を再チェック

相続時精算課税という制度があります。 生前贈与ということで暦年贈与とこんがらがっている人もいますが、全く異なる制度です。 相続時精算ですから、相続が発生した段階で精算される課税方式です。 すなわち、贈与した段階では2500万円までは贈与税は0…

不動産管理法人とオーナーへの保険の提案

当社では不動産管理法人のお客様も多くいらっしゃいます。 会社設立によるメリットの一つとして保険の加入というのがあります。 でも、保険の加入はただやみくもに入ればいいというわけではなく、何の目的でどの保険に加入するかを明確にする必要があります…

金持ち大家さんと貧乏大家さん

当社 のお客様は不動産を活用しているいわゆる大家さんという方がたくさんいらっしゃいます。 大家さんでも、お金をどんどん増やしている方と、逆になかなか増えない方っていうのがいらっしゃるのです。 この違いはどういったものでしょうか? それは、不動…

競売後、敷金の返還義務は引き継ぐの?

宅地建物取引主任者の法定講習に行ってきました。5年に1回の法定研修ですが、2回目だからちょうど10年です。ついこないだ登録したばかりのような気がしますが、早くも10年選手です(業務はやってないけど)。 その法定研修で一つ気になる話がありまし…

相続対策の成否の分かれ目

相続対策のご支援を行っていると、提案がうまくいくケースとなかなかうまくいかないケースがあります。 その成否はいったいどういったものでしょうか? 私が思うに、それは対策に取り組む本気度のようなものではないかと思います。 いいかえると「覚悟」とい…

相続税対策の本当の難しさ

相続税と資産税の専門家 夢をかなえる税理士&CFP です。 当ブログに訪問していただき、ありがとうございます。 税理士のランキングに参加中です。 応援クリックだけを励みに更新しています! ↓↓ 相続税の対策の相談を受けることがあります。 相続税の試算を…

相続税の申告は、相続専門の税理士へ…の嘘

相続税の申告は相続専門の税理士へ…というキャッチフレーズがあります。 これは一般の税理士と差別化したいという意味で、とてもわかりやすいコピーだと思います。 確かに税理士のうちには相続税に不慣れな人も多いのは現実でしょう。 でも、相続税の申告が…

相続税はかかりますか?

相続税と資産税の専門家 夢をかなえる税理士&CFP です。 当ブログに訪問していただき、ありがとうございます。 ファイナンシャルプランナーランキングに参加中です。 応援クリックだけを励みに更新しています! ↓↓ ホームページなどを見て相続税はかかるか…

問題解決力も必要

税理士や会計事務所の仕事は過去のデータを処理して、申告書にまとめることだと思われているかもしれません。 そう考えると問題解決的なスキルは必要ないともいえます。 しかし、最近では問題解決のスキルも必要となりますし、コンサルティング会社などが好…

相続税専門サイトの乱立

今日は午後からずっと事務所の相続税専門サイトの更新作業を行っていました。 儲かっているんだから業者に頼めばいいのに…と思わなくもないですが、未だに僕自身がホームページビルダーで作成しています。 こないだ買ったMacで作れればいいのでしょうが、…

借金コンクリートと軽量鉄骨

ある程度まとまった大きさの土地があったとしましょう。 容積率も高く、マンション適地です。 そんな土地があったら迷わず鉄筋コンクリートの賃貸マンションを建てますか? ゼネコンなどに相談したら、こんないい土地もったいないと言われるかもしれません。…

判例は変わることもある?

最近、非嫡出子の法定相続の権利についての判例が変わるかもしれないというニュースがありました。 最高裁判所の大法廷で裁判が行われているようです。 最高裁判所の大法廷は、憲法違反や判例変更が争われるような事件を取り扱われます。 そこで違憲という判…

成年後見制度と遺産相続

高齢化社会の進展を受けて、高齢での相続が増えているようです。 亡くなった方(被相続人)が高齢であれば、当然相続人の方も高齢になります。 亡くなった方の奥様やご兄弟や、姉妹はいうまでもなく、お子様であったとしても100歳の方のお子様であれば7…

事業分離会計とは?

先日、久しぶりに本屋さんで簿記の本を立ち読みしてみました。 商業簿記は結構変わっています。 国際会計基準の影響なのか、難しくなっている模様。 税務はともかく、大きな会社の経理に関わることは税理士としてはほぼないことですが、しっかりキャッチアッ…

土地活用のお客様

ホームページで不動産税務が得意ということをPRしているせいか、土地活用のお客様のご相談が多く寄せられます。 アパート経営の方、自宅を買い替えて譲渡所得が生じるお客様、大きな資産家の相続のお客様… 不動産経営や土地活用をお考えのお客様とのお話で…

相続財産は勘と科学で洗い出す

FP試験対策でも学ぶと思いますが、税金の分類の一つのやり方として申告納税方式と賦課課税方式の二種類があります。 この分類方式、実は国税通則法に規定があります。 国税通則法第16条 1.申告納税方式 納付すべき税額が納税者のする申告により確定するこ…

簿記は何級まで必要ですか?

中小企業の経理担当者にとって必要とされるのが簿記の知識といえます。 商業高校出身であったり、ビジネス系の学校に通っていたら簿記なんて常識かもしれませんね。 でも、簿記の知識が全くないのに中小企業や個人事業主の経理担当者を仰せつかることもある…

相続税、遺産整理の研修

今日はTのつく某団体の研修会に参加してきました。 相続税や遺産整理に関する研修会です。 全国3か所に分けての開催ですが、東京での開催は東日本全域から税理士や会計事務所職員が参加していました。 税制改正もあって相続関連業務の需要が増えることを予…

自社株評価は微妙に難しい…

事業承継や相続対策の一環として取り組んでいる生前贈与ですが、父親が経営している会社や医療法人などの法人の株式や出資を後継者である子供さんに贈与するという提案を毎年後半になると行います。 そして、翌年には贈与税の申告が必要となりますから今の時…

相続税の調査が来るかも?

相続税の申告を行うと翌年くらいに税務調査の連絡がくることがあります。 どんな場合に調査がくるのかはわかりませんが、財産規模が大きいケースや、事前の調査で疑義があるケースで来るのではないかと思います。 さて、相続税の調査ではどのようなところを…

【読んだ本】わかりやすい相続税・贈与税・相続対策

相続に関しては実務では行っていますが、なかなか本を読んで勉強することって少ない分野です。 基本的には休みの日に税務関係の本を読むことはしてこなかったのですが、ホームページの更新や基本的なことをわかりやすく伝えるという意味でも入門書的な本はと…

民法と税法

今日は資産対策の研修を受講してきました。 今回のテーマは民法(相続編)と税法の関わりで、半年くらいかけて民法 相続編の逐条を一通り、税務との関係性を検証しながら学習するというものです。 使うテキストはこちらの本。 税理士のための相続をめぐる民…

みなし財産、名義財産、生前贈与、特別受益

弁護士さんと相続や相続対策について話しているかみ合わなくなるのが財産の名義と真の所有者の関係です。 みなし財産、名義財産、生前贈与財産、特別受益…といったものが民法や税法では関係してきます。 このうち生前贈与財産とは、生前に贈与をした財産です…

消費税アップ、アパート建築には経過措置も

ハウスメーカーさんが消費税の経過措置に向けてアパート建築を検討しましょう…的なパンフレットを持ってきてくれました。 さて、消費税の増税が決まり、現状5%が平成26年4月1日以後は8%、平成27年10月1日以後は10%に段階的に引き上げられま…

遺留分が人気です

当社のホームページは、googleアナリティクスでアクセス解析をしているのですが検索ワードでは遺留分というのが人気ワードになっています。 もちろん税理士法人なのでそれほど遺留分について細かく書いていませんし、遺留分減殺請求を仕事として行っているわ…

日本FP協会がTVCM!

日本FP協会に入会して十数年、なんとTVCMを打つらしいです。 (日本FP協会のHPに詳細がアップされています。) 今まで見たことなかったけど、もしかしたら以前にもあったのかな 何をいまさら…と思ってしまいますが、認知度をあげることが目的のよ…

読んだ本:不動産投資の破壊的成功法

金森重樹さんの行政書士関係の新書を最近読んだので…この本を購入。 (プロ法律家のビジネス成功術に関する記事はこちら) 1年で10億つくる!不動産投資の破壊的成功法/ダイヤモンド社 ¥1,500 Amazon.co.jp 購入して、読んだ見ましたが読み進めてみるとなん…

こんなFPが顧客をダメにする

最近、各種士業における開業や経営に関するノウハウ本が数多く出版されています。 ファイナンシャルプランナーに関するこういったノウハウが紹介されている本はないかな…と思って読んでみた本がこちらです。こんなFP(ファイナンシャル・プランナー)が顧客を…

相続税、土地評価の研修

相続税の計算で重要となるのが土地の評価です。 こういった土地の評価があるから相続税の計算は通常の会計税務とは少し違う知識や経験が必要ろなります。 基本は路線価を土地の面積に乗ずることで計算できるのですが、土地の形状などによって減価されること…

1級FP技能検定には面接があります

最近知ったのですが、きんざいの1級のFP技能検定試験には面接試験があるらしいです。 最近の試験の方式や傾向はあまりわかっていないのですが、書店で見つけて購入してみました。 なかなか実務で学ぶこともないので、ケーススタディという感覚で一通り目…

電卓は右手ですか?左手ですか?

簿記検定や税理士試験、経理や労務管理など事務系スタッフにとって電卓を使うケースは多いと思います。 さて、ここで質問です。 電卓は左手ですか、右手ですか? 利き手の方で電卓を使うかどうかは、結局はペンをどうやって使うのかということにほかなりませ…

副業で不動産投資って?

それでは前回予告した通り、読んだ本の紹介です。 年収300万円でも始められる不動産投資… 年収300万円はともかく、普通の会社員が副業で不動産投資に成功したという先輩大家さんの経験談を紹介した本です。 そしてこれから不動産投資を始める人にとっ…

不動産投資という選択肢もあります

昨日は、不動産投資を学ぶというのがテーマだったので、ちょっと雑誌っぽいムック本も読んでみました。 ファイナンシャルプランナー(FP)の試験科目のうちには不動産運用設計というのがあります。 不動産投資はこの不動産運用設計にあたります。 試験の内…

人生が変わるお金の大事な話

レバレッジシリーズで著名な本田直之さんの本などにもときどき登場する本田氏のビジネスパートナーでもある泉正人さんの著書を読みました。 投資教育の会社も経営し、不動産投資でも成功しているようです。 この泉氏も今朝読んだ金持ち父さんにインスパイア…

偶数月の憂鬱

偶数月の月末のお仕事、FPジャーナル「継続教育テスト」です。 CFPではほぼ毎回提出しないと次の更新までの30単位がたまらないため、なんとか頑張って毎回提出しています。 こんな生活も早10年です。 1回あたり880円だから… それなりにFP協会に…

法律に強いFPになる

FPとしてどうやって稼ぐかを考えると色々な選択肢があると思います。 金融資産や投資アドバイスに強いFP ライフイベントやキャッシュフローに強いFP 相続や成年貢献、事業承継、不動産など法律に強いFP 自分のキャリアや知識、資格をいかせるのは最後…

こんなにおもしろいファイナンシャルプランナーの仕事…

FPの仕事について再確認するために読み返してみました。 資格の取得から独立開業までの道筋が紹介されている本です。 こんなにおもしろいファイナンシャルプランナーの仕事/中央経済社 ¥1,890 Amazon.co.jp なかなかFPでは食べていけない…とはよく言わ…

庭内神しの敷地の取り扱い

7月、国税庁から「庭内神し」の敷地等に係る相続税法第12条第1項第2号の相続税の非課税規定の取扱いの変更についての情報がでました。 ○「庭内神し」の敷地については、「庭内神し」とその敷地とは別個のものであり、相続税法第12条第1項第2号の相続税の非…

戸籍を確認すること

相続業務を行うときお客様に書類をお願いすることになります。 そのうちの一つが戸籍謄本です。 自分の戸籍ってなかなか見る機会はないですよね。 テレビドラマでは戸籍謄本を見て、出生の秘密が明らかに …なんていうこともあったりします。 今回はこの戸籍…

意志能力が下がったら…

不動産経営ではどうしても契約行為が伴います。 賃貸借契約書、銀行口座の開設など本人の健全な意志能力が必要です。 しかし、加齢とともに意志能力は減少していきます。 そして、認知症になるかもしれません 個人で物件をもっていて不動産業者に仲介しても…

終活、墓活…

最近、お墓に関するお話を聞く機会が増えています。 お墓を探す活動のことを「墓活」というらしいです。 終活は聞いたことありますが、墓活ですか… お墓を買ったり、お寺に寄付したりすると、何か税務上の控除とかはありますか… という質問もありました。 お…

相続放棄で親族トラブル発生?

相続で借金が大きいときなど、相続放棄という選択肢があります。 相続放棄は限定承認と異なり、各相続人が単独で行うことができます。 家庭裁判所のホームページから書式をダウンロードし、必要な書類を添付して提出するだけです。 そんなに難しい手続きでは…

その道路、あなたのものかも…

道路って難しい! 相続業務をやっていると、たまに痛感します。 道路って難しい… また言ってしまいました。 相続税での土地の評価は路線価といわれる道路についた金額をベースに計算されます。 まさに、道路が評価の基本となります。 道路にもいろいろありま…

家族名義の財産は?

国税庁から送られてくる相続税申告の手引きにこんなQ&Aがあります。 問:父(被相続人)の財産を整理していたところ、家族名義の預金通帳が見つかりました。この家族名義の預金も相続税の申告に含める必要があるのでしょうか。 答:名義にかかわらず、被…

相続税増税で相続時精算課税はどうなる?

相続時精算課税という制度があります。 生前に贈与するのですが、税金の支払いは相続時に行うという制度です。 2500万円までは贈与税はかからず、これを超える金額については一律20%の贈与税がかかり、これが実際の相続時に精算されて課税されるとい…

夏こそ家族で親の老後と相続について考えましょう

夏休みやお盆の帰省など家族や親族で集まることが多い季節です。 年に数回、親族で集まるこの機会こそ、遺言や将来のことについて考えるチャンスです。 ・将来の介護はどうするのか… ・両親のうち残された方の面倒を誰がみるのか… ・お墓はどうするのか… ・…

【SPONSOR LINK】