資格と読書で夢をかなえる学ぶlog

就職活動から脱線し、取得で生きていこうと思い立って、取得した資格は約20個。合格証書の代わりに失ったものは?資格取得後の現実を教えます

マネー・FP・資産活用

マネー情報、ファイナンシャルプランニング、資産活用などの情報を紹介。FPの基礎知識も学べます

自主開催セミナーの企画から準備、講師、開催までやってみた

そうだ相続対策セミナーをやろう! 事務所で開催を決めたのはかれこれ2か月くらい前の話です。 最初はまだまだ先だし、楽勝でしょ、と思っていても気が付くと日にちが迫って慌て始めます。 原稿やコンテンツはできたのか? 講師役はきちんと話せるのか? 配…

相続対策でお年寄りにささる言葉の使い方

高齢者というのはなかなか手ごわい交渉相手です。 納得したのかな、、と思うと、そうでもない。 そうかと思うと、何年かたつと不意に動き出したりもする。 気まぐれだし、頑固だし、暖簾に腕押しだし…交渉相手としては結構な強者といえます。 何を言うかより…

分割協議よりも遺言、さらに遺言の限界を知ることで次の提案につなげる

最近勉強会にも参加して研究をすすめている家族信託ですが、今なら競争相手も少ないため、手数料的にもそれなりに見込めるという話もありました。 手数料を稼ぎたいわけではないですが、選択肢の一つとして家族信託は加えておきたいと思っています。 では、…

相続ビジネスに取り組む営業マンが知っておきたいネタ本

相続対策でよく使うキーワードは実は限られていて、ある程度定型化されてきます。 ただ、そうは言っても知らない人は知らないし、知っている人は知っているというのが現実だと思います。 相続コンサルの本も数多く並んでいますが、やはりネタ本にでてくるも…

相続税対策の本は、素人でなくとも読んでおいたほうがよい

相続税対策の本、街中にあふれています。 書店にいけば売られているし、電子書籍などでも読むことはできます。 いつものアマゾンアンリミッドで探して最近読んだ本です。 定額制に申し込んでいる人は無料で読めます。 金持ちファミリーの「相続税」対策 ここ…

FPにもビジネスチャンスあり?家族信託の勉強会に参加してきた

家族信託、民事信託、一般の方にはなじみのない言葉ですが、相続や承継をビジネスと考えている界隈の人たちにはバズっている用語です。 家族信託、民事信託の勉強会 家族信託の勉強会に参加してきました。 司法書士さんが主宰の勉強会ですが、メンバーのほと…

事務所主宰で相続セミナーを開催しました

事務所主催で相続対策セミナーを開催しました。 総括として振り返り 今日の内容は相続対策ということで、普段行っている相続税の業務より少し範囲を広げて、生前贈与、生命保険を使った対策、不動産の対策、遺産分割、遺言、認知症と財産管理というようなテ…

ふるさと納税の落とし穴?ふるさと納税の返礼品にも税金がかかる

ふるさと納税が大ブームです ふるさと納税が倍々ゲームで増加傾向にあるようです。 2,000円で買い物&税金優遇!「ふるさと納税で得する」仕組み #ふるさと納税 https://t.co/SnwN5Fg6dn— 夢をかなえるFP (@financial_tax) February 5, 2017 ふるさと納税…

結局はどうなの?FPで飯が食えるのか問題

昔はFP、ファイナンシャルプランナーで一旗あげてやろうかと野心めいたものを考えていたこたがあります。 そのころはFPでの独立や業務に関する本をよく読んでました。 僕なりの結論はFP業務の核となる相談業務だけで飯を食うのは難しいということ。 無…

営業やマーケティングツールとしても使える!エンディングノートの活用

終活ブームの中でエンディングノートも話題に 終活とともにエンディングノートも少し前にブームになりました。 これも相続ビジネスとしては、使えるツールだと思います。 さっそく、エンディングノートをワードで作ってみました。 税理士さんや他の士業の方…

相続ビジネスという言い方

今日もこっそりブログのタイトルも変えてしまいました。なんだか何がテーマかよくわからない感じになりました。 さて、相続ビジネスって言い方がありますよね。 営業の人とかに会うと、またか?って感じがします。結局買わせたいわけねっていうのが世の中的…

老人ホームの入居費用は誰の財産?

終の棲家は住み慣れた我が家で…というのは昔の話でしょうか。最近はサービス付高齢者住宅という選択肢も増えて、最期は施設でという方も多いと思います。最近受けた相続税のお仕事もお子さんのいないご夫妻でそれぞれ別の施設に入居されていました。老人ホー…

老後資金は節税しながらiDeCoで積立てる

年末調整、確定申告時期は資産見直しのチャンス この時期になると年末調整の資料が届き始めます。 生命保険などの保険料控除証明書というやつです。 保険の控除額を計算してみましょう 生命保険料については最大で12万円の控除になります。 生命保険、個人…

相続ビジネス作戦会議

ここ数日、相続セミナー開催の準備をしています。 実際にはもっと大きな枠でのビジネスの作りこみです。 弊社の売り上げに占める相続税の申告報酬の割合は、前期決算で約3割です。 税理士法人を立ち上げたときは数%だったと思いますので、飛躍的に伸びま…

思いついた相続セミナーのタイトル

相続セミナーで、とりあえず思いついたのはこんなセミナータイトルです。 相続の基本的な考え方 相続対策の全体像 揉めない相続と対策事例 エンディングノート、遺言の書き方 自分でできる財産目録の作成と相続税シミュレーション 遺産分割と相続手続きの進…

相続税の申告報酬、安いには安い理由がある

士業でもマーケティング戦略が必要 どんな企業でも重要になるのがマーケティングです。 マーケティングというと大企業の問題のような気がしますが、実は中小企業でもマーケティングは重要です。 むしろ小さな会社ほどマーケティングの考え方をいれていかない…

地味にすごい積立、分散、長期投資

FPのセミナー受講してきました 昨日は、日本FP協会東京支部と東京商工会議所が共催した資産形成セミナーを聴講してきました。 こういった投資セミナーは50代、60代の退職前後の方が多い印象があるのですが、参加者の3割くらいは40代ということで…

【土地評価】道路じゃないのに路線価がついている土地はどうするの?

最近、当社で行う土地の評価で道路の付き方がおかしいものがよく登場します。一つの筆の真ん中に道路が通っているケース、マンションの敷地の一部が道路になっているケース、細い路地でセットバックしているのか、道路に提供しているのかよくわからないケー…

遺言がある場合の基礎控除は

相続税がぎりぎりかかりそうで…という相談が時々あります。年配の相続人が自分で計算して相続税がぎりぎりかかりそうという判断をするケースは、結果として二つになるパターンが多いように思います。「基本的な計算を間違っていて相続税の基礎控除以下に落ち…

確定申告のちょっとプロ向けの本

思いっきり久しぶりの更新になりましたが、なんとか確定申告にめどがついてきました。例年のことながらやはり年齢とともに厳しくなってきます。 確定申告では、手引きをひきながら仕事をするのですが、それでもなかなか引いている時間がないのが現実です。 …

賃貸不動産経営管理士について調べた件その2

先日アマゾンで注文した賃貸不動産経営管理士のテキストがさっそく届きました。不動産経営管理でお勧めっぽい本と一緒にきましたよ。なんとこのテキスト、1000ページ超のボリュームです。本屋にならんでいる宅建とか社労士の試験対策本よりもボリュームがあ…

賃貸不動産経営管理士を調べた件

FPにとっても有益な不動産経営の資格ってないかな…と思って探してみると良さげな資格を見つけました。賃貸不動産経営管理士!まさに想定していたような名前の資格があらました。 この資格、賃貸不動産の経営管理のプロを目指すというもののようです。最近…

賃貸物件での設備投資の経理処理

飲食店やクリニックなどテナント物件で入ると、内装や部屋の区切りなど造作を施すことがほとんどだと思います。居抜きでない限りは、借り主持ちで内装をやり直しますよね。この造作、建物付属設備とかで15年くらいで償却していませんか?国税庁のホームペー…

相続税の添付書類

税務署に提出する書類の中でも相続税については最も多くの添付書類が要求されます。 国税局でも提出してほしい書類のリストを送りつけてきます。 ほとんどの税理士事務所はこのリストに沿って添付書類を準備していきます。 でも、このリストに載っていない書…

遺産相続の危機管理力

テレビドラマで「リスクの神様」というのをやっています。ビジネスをやっていると知らずに知らずに様々なリスクにさらされることがあります。相続でいうと、遺産分割で揉めるリスクというのが最大のリスクです。生前対策ではこのリスクにどのように取り組む…

お客様を見送る役目

昔は当社も新人にすぐに担当をつけるというやり方をしていたときもあります。 僕が入社したときはちょうど世代交代で先代の頃の職員が一斉に退職してしまったので幸か不幸か入社3ヶ月でそれなりの規模のお客様を担当させていただきました。もちろん最初は先…

SG合同説明会に行ってみた

日本FP協会神奈川支部で行われたスタディグループの合同説明会に行ってみました。会場が川崎ということもあって川崎周辺で活動しているスタディグループの勉強会をお試しで受講できました。FP協会神奈川支部のスタッフの方たち、スタディグループの方々も感…

基本書の大切さを知る

先週末は自宅でゆっくり相続税関係の基本書を読み込んでいました。事務所から一つ古い版のものを借りてきましたが、改訂内容はほとんどわかっているので基本的な部分の復習という感じです。実務を始めるとなかなか基本書を読み返すことはなく辞書的に必要な…

北の広大地

昔、こんな名前の主人公のドラマがありましたね。北野広大…水谷豊熱中時代という大ヒット学園ドラマですが、子どもだったのでほとんど記憶にあらりません。北のほうのお客様で広大地の適用が受けられそうな土地をみつけました。広大地に該当すると広大地補正…

相続した土地の現地確認

日本の資産家は土地持ちの方が多いと言われていますが、その土地もいろいろです。 いわゆる住宅街なら鉄道会社系の不動産会社が開発して綺麗に区割りしていたりしますが、下町のようにぐちゃぐちゃに入り組んだようなケースもたくさんあります。 さらにいわ…

遺言の日

今日、4月15日は遺言の日とのことです。近畿弁護士会がはじめて日弁連ものっかって全国的にうごいているようです。ただ、Googleで検索してみると「いい遺言の日」というのもヒットします。こちらは11月15日。言い始めたのはりそな銀行のようです。りそな銀行…

外部セミナーの講師を経験しました

先日、提携先のハウスメーカーさんの依頼でセミナーの講師を行ってきました。 セミナー講師や講演は年に数回のことなのでさすがに緊張しますが、こういったことも経験につながるということで精一杯やってきました。 仕事柄、セミナーや研修を受講することは…

成年後見と障害者控除

高齢化の成年後見人制度もそれなりに浸透してきたと思います。成年後見人は本人の代理人なので確定申告の事務についても責任があります。基本的には未成年者と同じように被後見人の名前と後見人の名前を併記して押印欄には後見人の印鑑をおす形になると思い…

シルバー人材センターの確定申告

これまた確定申告あるあるネタですが、家内労働者の特例という制度があります。税理士会の無料相談では毎回、何人かこの家内労働者に遭遇します。なぜかというと、シルバー人材センターの事務所が同じビルにあるから…だと思います。http://www.yokohamacity-…

【確定申告】医療費は還付されません

またまた確定申告あるあるネタですが、医療費控除は医療費が戻ってくるという勘違いをしている人が多いようです。確定申告の無料相談などでは基本的に高齢者の還付申告です。年金から天引きされている税金を生命保険料控除や医療費控除など物的控除を利用し…

アパートの入退去時のリフォーム費用の処理

アパートは入居と退去の繰り返しです。 確定申告時期に我々税理士が確認するとき、この入退去のときの処理について細かく聞くことになります。 敷金や日割り家賃の精算など明細を確認しないとどのように処理をしたか判断ができません。 アパートに住んだこと…

相続税の対策に欲張りは禁物です

昨日書いた内容で本当はこういうことを言いたかったのです。相続税の対策に欲張りは禁物ということ。すずめのお宿とか、浦島太郎とか昔話にもありますよね。だいだい欲張って大きいほうの箱をあけると…日本人は腹八分目、欲張らないことを美徳とする文化があ…

相続が近づいたら何をすべきか

相続税の対策というと相続税がどうすれば減るかというところに意識がいってしまいがちです。でもそちらにばかり意識がいってしまうととんでもない落とし穴にはやることになります。 よくいわれる相続対策の優先順位があります。揉めないための分割対策、納税…

妻が受け取るがん保険の税務

がんと診断されると給付金を受け取れる保険があります。 いわゆるガン保険です。 生命保険と税金との関係、結構複雑です。 このガン保険の取り扱いについてお客様から相談がありました。 ご夫婦の方でご主人を被保険者としたがん保険の受取人が奥様になって…

法人を活用した節税対策は出口が大事

不動産管理法人など法人を活用した節税対策を我々も提案しています。 法人に資産を動かしたり、管理をしてもらって利益を会社で計上するようになると所得の分散など節税が可能となります。 個人の所得税、住民税の合計税率は今年から55%+復興税になって…

相続対策のデメリット

昨年は相続税の増税ということでテレビや新聞等のマスコミでは大げさに煽っているような1年でした。 消費税、相続税と増税が続き、情報番組でコメンテーターがコメントするというのをみる機会が多かったのではないでしょうか? 駆け込み需要という言葉があ…

日本FP学会の大会を聴講してみました。

今日は日本FP学会の大会を聴講してきました。母校が会場ということもあり、とりあえずきいてみようという感じです。多少学術的なことにも興味があり、少しでも雰囲気がつかめればかなと思いましたが、午前10時から17時まで2つの会場でいくつかのセッション…

税理士試験の次はFP試験がおすすめです

8月になると税理士試験のシーズンです。 ちょうど今週、全国各地で税理士試験が行われています。 僕が税理士試験を最後に受けてから15年になります。 15年たってもやはり思うのは、合格しただけでは全く歯が立たない世界だということです。 もちろん、…

専従と専任は違うようです

所得税には専従者給与や専従者控除という制度があります。 青色申告の場合には専従者給与、白色申告の場合には専従者控除という制度になります。 白色申告では定額の控除ですが、青色申告の場合には専従者に支払った給与については経費にしてよいよ…という制…

人生にもたな卸が必要

たな卸という言葉があります。 我々会計事務所としては決算のときに在庫を数えてもらって商品や材料の繰り越しの計算をしてもらうということで馴染みのある言葉です。 終活ブームの影響か人生の棚卸、財産の棚卸という言葉も最近耳にするようになりました。 …

死んでみないとわからない

専門家の世界では実際に自分で経験してみることが大事なんて言われます。 経営コンサルタントでも、実業の経験がある人のほうがなんとなく頼りになるような気がします。 FPの実務でもそうだと思います。 マイホームを買ったことがない人、保険に入ったこと…

提案はシンプルイズベスト

我々の事務所では提案力の強化に取り組んでいます。提案する、プレゼンする、意思決定に関わるというのは結構大変な作業です。コンサルティングをいえば格好よいですが、そんなに立派なものではありません。要は選択肢を示してお客さんに選んでもらうという…

生命保険の提案をする!

我々の会計事務所では、お客様である企業の経営者の皆様に生命保険の提案をするという仕事をしています。会計事務所の職員が保険の提案をするというのは多少の抵抗があってなかなかお客様に提案するのは難しいようです。正直、自分もちょっと苦手で、できれ…

続:遺言執行者をどうする

昨日、遺言執行者についてブログを書いたのですが、なんと今朝ハウスメーカーの担当者が若手の司法書士さんを連れて所内研修でした。 http://ameblo.jp/officeyps/entry-11890505372.html 研修をしてもらった後で名刺交換とともに少しお話をさせていただきま…

開業医には医業特化の税理士が必要か?

最近勉強しているのは医業経営コンサルタントの資格の勉強ですが、開業医のお客様を関与するためにこの資格をとらないといけないわけでも、この資格をとると何か特別なスキルが身に付くわけではありません。 テキストの内容も試験の内容もおそらく知識レベル…

【SPONSOR LINK】